MENU

福辻式「逆食改善プログラム」マニュアルのメリット・デメリット

 

 

このページでは「逆食改善プログラム」のメリットとデメリットについて
まとめさせていただきたいと思います。

 

 

メリット(すぐれた点)

 

 

● 逆流性食道炎を改善するための豊富なアイデア

 

ストレッチ例

このプログラムは、逆食を改善するための

 

・ストレッチ
・ツボ押し、マッサージ
・食生活

 

について、豊富なアイデアが書かれています。

 

「アイデア」という表現を使ったのは、
このテキストに書かれている内容が
「治療」「克服」といった堅苦しいタッチのものではなく、

 

「あ、今度はこの方法を試してもみようかな」
「今日はこのツボを押してみようかな」
「どうせ食べるなら、こっちを選んでみようかな」

 

といったふうに、
堅苦しく考えずに自分のやりやすそうなものを選んで
取り組んでいくことができるからなんです。

 

 

福辻さんもテキストの中で

「多すぎて、全部出来ないよ・・・そもそも忙しくて時間が無いし。」
と感じた方も、もしかしたらいるかも知れませんね。
ですが安心してください。
私も全部をやってくださいとは言いません、
あなたも忙しいでしょうからそんな無理は言いません。

 

このマニュアルに記載されている、あなたがカンタンに出来そうないくつかを
選んで実践していただくだけで、きっと効果が感じられるはずです。

 

このマニュアルには、逆流性食道炎または、十二指腸潰瘍の症状の方々に、
実際に試して効果のあった方法しか満載していませんので、
その効果は保障できると思います、まずやってみてください。

 

また、苦しみながら、努力して治療する方法でもないですから、
あくまでもあなたのペースで無理せずに行なってください。
自分のペースで全く構いませんので、コツコツと自分にあった物、方法だけ
習慣的に続けていくことが最善の克服方法だといえるでしょう。

とおっしゃっています。

 

豊富な逆食改善法に気軽に取り組み、その中から自分に合ったものを選ぶ・・・
そんな感覚が、挫折することなくプログラムに取り組んでいける秘訣だと感じました。

 

 

 

● 必要な時間は一日「数分」程度

 

数多くの逆食改善法が書かれているわけですが
どの方法も1日数分もあれば出来るものばかりです。

 

まずは、朝起きたときやお風呂から上がった後、眠りにつく前など
毎日の生活のスケジュールの一部に組み込んでしまえば、
ほぼ無意識で続けることが出来て、
いつの間にか逆流性食道炎の症状が改善されていく・・・というイメージです。

 

また再発してしまっては元も子もありませんから、
自分のペースで無理せず続けること、
そして、早く治そうと思って無理しすぎないことが大切なようです。

 

 

公式サイトはこちら
 【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

 

 

 

デメリット

 

● 食生活について意識すべきことが多い

 

 

食生活

いうまでもありませんが、逆流性食道炎を改善するためには
食生活にある程度の気遣いが必要になってきます。

 

福辻式「逆食改善プログラム」の中でも
「あれを食べてはダメ」
「これを飲んではダメ」という表現はありませんが、

 

「あまり食べない方がいい」
「どうせならコチラの方がいい」といったように
食生活に関して意識すべきことは数多く記載されています。
(ただ、前述のようにすべてを意識する必要はありませんけれど)

 

どれも、難しいとか、ガマン・苦痛を伴うというものではありませんが
項目が多いので、覚えるのはちょっと大変そうです。

 

ただ、この点については、福辻さんからの特典として
「食べ物で根本治療」というテキストがついてきます。

 

こちらのテキストに、詳しく、しかも分かりやすく
食生活で気を付けるべきことやオススメの食材などがまとめられていますので、
これを手元に置いておけば、迷ったり混乱することもなくなりますので
とても便利に活用できるものと感じました。

 

 

公式サイトはこちら
 【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

 

 

 

特別なプレゼントつきでのお申し込みはこちらから

 

当サイトを経由して福辻式「逆食改善プログラム」をお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

プレゼントの内容、お受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

逆流性食道炎とお別れ